愛媛県今治市 15頭以上イルカの群れ目撃者多数 !!なぜ瀬戸内海に!?

愛媛県今治市の今治港付近の瀬戸内海で、今治海上保安部の巡視艇がパトロール中に十数頭のイルカの群れを発見したことを海保が6日発表し話題に!

実際に海上保安部がイルカの姿を確認したのは5日午前。当時は状況としては黒いものが海面を浮き沈みするのに気が付き追いかけたところイルカの群れだったいう。また、沿岸でカフェを経営する小島二郎さん(67)も同日午後、群れを撮影していた。

 広報担当者は「1、2頭なら見掛けることはあるが、瀬戸内海の海岸近くでこれだけの群れを見るのは珍しい」と話している。

ではなぜ瀬戸内海に今イルカの群れが来るのか調べられているそうですが未だ解明には至っていないとのこと。ただ大阪湾でも昨年末以降、群れの目撃情報が相次いでおり、今治市まで回ってきたのではないか推測されている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください